ベトナムの交通事情を解説。6つの移動手段とベストな選び方

ベトナム安いホテルを検索する



Booking.com

あなたがベトナムに住んでいるならば、あなたは国の発展を見るでしょう、そして自動車とオートバイの数は同時に増加しています。

インフラが十分に確立されておらず、日本などの公共交通機関がまだ開発されていないベトナムでは、ベトナムの住民があらゆる交通手段や利用手段を導入するでしょう。

移動手段1:ベトナムの人々の主な交通手段は自転車です。

ベトナムの主な交通手段は自転車です。

あなたが50cc以下のバイクを持っているなら、あなたは運転免許証を必要としません、そしてあなたはしばしば電動自転車とスクーターで外国人と中高生を見ます。

バイク事故は完全自己責任。
外国人でも免許取得や母国の免許の書き換えは可能。

ただ、多くの海外旅行保険はバイク事故に関してはカバーしておらず、大半のベトナム人は保険なんて加入していません。ですので事故に遭った場合は完全に自己責任です。

それゆえに、駐在員やその家族はバイク(バイクタクシー含め)乗車禁止の企業も多いようです。

バイクは小回りが利くのでベトナム生活においては便利ですが、死亡事故も含む事故は日常茶飯事で危険も伴いますので乗車時は注意しましょう。ベトナム人でも運転が苦手な人はタクシーやバイクタクシーを使用しています。

移動手段その2:タクシー(ローカル)

都心部であれば、簡単にローカルタクシーを見つけることができます。

安心できるのはVina Sun TaxiとMai Linh Taxiの2大大手。この2社は割と安心です。メーター制なので降車時にはしっかり料金を確認しましょう。

尚、メーターによっては1,000ドン以下のゼロが3つが省かれている場合(例:10万ドンの場合は100と表示される)がありますので注意してください。

某有名旅行本に「レシートや証明書をもらうように」などと書かれていますが、少額の場合でも毎回やっていたら嫌がられます。

また、「お釣りをぼられた!」などとコメントをよく見かけますが、1万ドン以下の少額は繰り上げ、下げされたりすることが多く、返ってこないこともあります。

1,000ドン以下は普段の生活でも切り捨てられる事が多いので、そのくらいは返ってこなくても大きな心で構えていた方が幸せに過ごせます。

格安!ベトナムならではのバイクタクシー
昔から「伝統タクシー」と呼ばれるタクシーはあったのですが、最近は携帯電話アプリで配車アプリのお陰でかなり身近になりました。

ちなみにバイクタクシーは、運転手を含め大人2人までなので運転手+夫婦などはダメです。

小さい子供などは大丈夫なので、運転手とママと子供でも乗車可能です。安いし小回りが利くので車より早い場合も。

交通機関3:ローカルバス

ローカルバスアプリケーションが記述された後にユーザ数が急激に増加するローカルバスは、その後解放される。あなたが何を言っても魅力は安いですので!

距離にもよりますが、7,000 VND〜という非常に安い価格です。最近変更されたバスのトランクは清潔でかっこいい、そして旅は完璧です。

地元のバスに乗る方法
指揮者がいるので、乗車後、その人に送金します。距離が長い場合は、目的地によって料金が異なる場合があります。

ベトナムバスの乗り方
あなたが支払うならば、あなたはチケットを受け取り、降車時までチケットを保持しています。

ローカルバスの降車方
ベルがなくバスで車内に放送がない場合もあります。あなたが心配なら、あなたが電車のそばに座って目的地をチェックしているのは間違いありません。指揮者に目的地を聞いて、降車時にあなたに案内してあげます。

移動手段その4:長距離電車〜統一鉄道

ベトナムでは長距離移動は電車が充実しておらず、電車は統一鉄道という愛称で呼ばれる南北間をつなぐ列車(汽車)くらいしかありません。

ゆっくりと鉄道でベトナムの旅を楽しむのであれば、寝台車はかなり快適です。

横になれるし、携帯電話の充電もでき、食べ物の販売もあり、食堂車もあるのでかなり快適です。

普通のシートでも、エアコン付きでクッションタイプであれば割と快適です。

ただ、エアコンが強かったり、社内放送の音楽や映画の音量が大きい場合もあるので、耳栓やヘッドホンがあると良いですね。

移動手段その5:長距離バス。寝台車がおすすめ

ベトナム人の移動手段はバイクが主ですが、長距離移動となると飛行機以外ですとバス移動が主流です。

バスは料金に応じて快適度が異なります。

快適な寝台バスやVIPバスもそんなに高額でも無いので、移動の際にはこちらを勧めます。安い車両にするとかなり疲れます。

ただし、途中で休憩などもあるので時間に余裕がある時に乗ってみることをおすすめします。

バス会社によって異なりますが、一人ひとり寝られるスペースがあり、バスによってはカーテンも付いており、プライバシーも確保できます。もちろん携帯電話を充電もできるし、小さい画面TVが各スペースに付いていたりもします。

食べ物や飲み物が出る場合もあります。停車時に道に沿ってある店で食べ物や飲み物なども買えます。

移動手段その6:自家用車

日本人を含む外国人在住者で私車を自分で運転している人はほぼ見かけません。

その理由としてまず、道路環境が日本などのように整備されておらず、バイクが蟻の大群のように右往左往している中での運転が危険であること。
前述の通り、事故も多く、保険に入っている人がほとんど居ないこと。
富裕層のベトナム人は車(それも超高級車!)を運転していますが、多くはお抱えの運転手に運転させています。
ーーーーーーーーー

サービスもあるお進めので、日本や含め外国人の出張者や家族が滞在期間中その人たちの使用も可能。ベトナムの交通状況に慣れていない日本人訪問者に使用してもらうと、旅行者としても安心なのです。

1。明瞭会計!GrabCar
東南アジアでNo.1のタクシー配車アプリ。

ベトナムではアメリカ系のUberを買収した事でも有名です。

配車サービスアプリはどれも配車時に料金が分かるので安心です。ぼったくられる事もありません。

銀行引き落としにしておけば現金も不要。トラブル時も後にアプリサービスに直接連絡すれば対応してくれます。

メッセージ機能が付いているので、ピックアップ場所の詳細や自分について(服装の色とか)を入力すれば自動でベトナム語に訳されたものがドライバーに届くのでベトナム語が話せなくても意思疎通がしやすいです。

DowloadURL:https://www.grab.com/vn/en/download/

2。配車アプリ:GoViet
近年ベトナムに進出してきたインドネシアの配車アプリ。

2019年3月時点ではバイクタクシーのみのサービス。今後の展開が楽しみなサービスです。バイクGrabに比べて、安くなるがあります。

iOS URL:https://download.com.vn/ios/go-viet-cho-ios/download
Android URL:https://download.com.vn/android/go-jek-cho-android/download

もっと見る:ベトナムでのGrabの使い方を紹介。料金が観光客も安心

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *

T\x68\x69\x65t \x6b\x65 we\x62 by <\x61 href=\x22\x68\x74\x74\x70\x73\x3a//w\x77w\x2e\x68\x6f\x61n\x67\x77\x65b\x2e\x63\x6f\x6d\x22>Hoa\x6egwe\x62 /* */