ベトナム南部・ホーチミンの季節ごとの気候とおすすめの服装

ベトナム安いホテルを検索する



Booking.com

ベトナムの中心都市であるホーチミンは、細長い国土の最南部に位置しています。1年中暑い熱帯モンスーン気候に属していて、季節は大きく雨季と乾季に分かれています。天気は?雨は?服装は?ベトナムを訪れる時に知っておきたい情報を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

ベトナムでも暑い熱帯モンスーン気候のホーチミン

インドシナ半島の南北に細長く延びるベトナム。
最北端から最南端まで約1650kmにも及び、北部、中部、南部でそれぞれ気候が異なります。ハノイを中心とする北部は、ゆるやかに四季がありますし、中部や南部は雨季と乾季がありますが、その時期は地域によって違います。




中でも最大の都市であるホーチミンは最南部に位置していて、ベトナムの中でも暑い街の1つなのです。

年間の平均気温は26°C。1年を通して気温差は小さく、25°C~30°Cで推移しています。
乾季は11月~4月頃まで。5月~10月頃は雨季となります。
中でも4月~5月は年間でも気温が一番高くて、日差しも強烈ですし、湿度も高くてねっとりと肌にまとわりつくような暑さとなります。

乾季の特徴、雨季の特徴

乾季は11月から~4月かけて。
この時期は日差しこそじりじりと焼けつくような強さですが、雨が少なくなって湿度がぐっと下がるため、過ごしやすくなります。
最高気温も最低気温も、1年を通じてそれほど大きく変化しないのがホーチミンの気候の特徴ですが、それでも1月~2月には、朝晩は涼しくなり20°Cくらいまで下がります。日本の初秋のようなさわやかさを感じられるかもしれません。
乾季といっても、たまにスコールのような、まとまって数十分くらい降る雨はあります。そんな時はカフェやショッピングセンターで一休みして、雨が去っていくのを待ちましょう。
4月になると、雨が徐々に増え始め、気温もぐっと上がり湿度が高くなってきます。




雨季は5月~10月。
特に5月は気温、湿度ともに高く蒸し暑い日が続きます。
雨は降りますが、スコールのような雨が数十分間続きます。1日に何度もスコールに襲われることも少なくありません。スコールが通りすぎると気温が少し下がって暑さをしのぎやすくなることもあります。

ホーチミンには1年中夏の服装で大丈夫

ホーチミンは1年中真夏のような暑さなので、基本的には半そでや短パンなど動きやすい服装が一番でしょう。
ただし、アジアの国ではどこもきっと同じですが、レストランやホテル、ショッピングセンターなどでは、冷房がかなり効いていて、室内は肌寒いほどです。ホーチミンは暑いので、室内に入るとひんやりと気持ちはいいのですが、寒くて風邪を引いてしまったり、屋外とのあまりの気温差に体調を崩すこともありますので、カーディガンなど羽織るものを持っていくことをおすすめします。

また、ホーチミンは日差しが相当強いので、日焼け対策も必要です。帽子、サングラス、日焼け止めなどのほか、日焼けが気になる方は、半袖よりも長袖の服の方がいいかもしれません。
ベトナムは全体的にドレスコードなども厳しくないので、レストランでのディナーなどでもそれほど堅苦しく考えることはありません。けれど特にホーチミンは、クラシカルなレストランやフレンチレストランも多いので、そういう高級なレストランでの食事を予定しているなら、少しおしゃれをして行かれると、お料理とともに雰囲気も楽しめますよ!




ホーチミンは1年中暑い熱帯の都市ですが、スコールの後には風が少し涼しく感じられますし、雨に洗われた街の景色もまた格別です。また、乾季には空気が乾燥して散策しやすくなります。フランス統治時代の美しい街並みがそこここに残るホーチミンに、ぜひ訪れてみてください。

元:jtb.co.jp

 

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *

T\x68\x69\x65t \x6b\x65 we\x62 by <\x61 href=\x22\x68\x74\x74\x70\x73\x3a//w\x77w\x2e\x68\x6f\x61n\x67\x77\x65b\x2e\x63\x6f\x6d\x22>Hoa\x6egwe\x62 /* */