ベトナムの観光!ハノイ都市別に人気のおすすめスポットを厳選

都市部に多く存在するキン族を中心に、50以上の民族が生活をしているベトナム。
公用語はベトナム語ですが、植民地だった歴史から街の一画では今でもフランス語を見かけます。
多用な民族・文化が織りなすオリエンタルな雰囲気と、欧米列強の支配と開国に由来する西洋文化。
近年急速に近代化・開拓が進むベトナムでは、絶妙なバランスで混じり合った独特な世界が観光客をの心をつかんで離しません。

ホテル予約したければ



Booking.com

東京から飛行機で飛び立つこと約5時間、ベトナムの首都・ハノイのノイバイ国際空港に降り立ちます。

地上に降り立つとジメジメしているように感じるのは、ベトナムが熱帯地域に属しているからでしょうか。
そもそも、ハノイがベトナムの政治・文化の中心になったのは7世紀頃が始まりだと言われています。




ベトナムは、1980年代後半から外資の受け入れを開始しました。その中でも、積極的に海外から外資系企業の流入が行なわれているハノイ。

街中にはコンビニエンスストアを始め、チェーン飲食店も見られるようになってきました。ハノイは今や、今後の更なる経済発展が楽しみな街の一つにもなりつつあるんです!

ベトナムの観光名所!ハノイ都市別に人気のおすすめスポットを厳選

ホアンキエム湖をはじめ、ハノイは観光地が多くて

15世紀頃までは、3~4km伸びる細長い入江で、南端の方は「黄河」とも繋がっているホアンキエム湖。
そんなホアンキエム湖が歴史上、最初に出てきたのは1010年。

しかし、当時は周辺の道路整備も整っておらず、観光地のかけらもありませんでした。




そんな状態で迎えた17世紀、当時の政権を握っていたチン氏によって湖周辺の手入れが行われたといいます。

観光地として状態が整ったのは、なんと20世紀初期。3世紀もの時を経て、ホアンキエム湖は観光地、さらにはハノイを象徴する湖となったのです。

ハノイのおすすめスポット2:ハノイ旧市街

続いて紹介するのは、ホアンキエム湖の東側に広がるハノイ旧市街。

もともとこのハノイ旧市街は、王族への献上品を作る職人たちが集う街でした。そして今は、別名・ハノイ36通りとも呼ばれています。

同業の職人たちが集うため、36通りあった品の数を区別するために一つ一つ通りを区別したのが別名の由来だそうです。

旧市街というくらいですから、歴史あふれる街並みのようにも感じると思います。

しかし、日中は食事も楽しめるマーケット、夜には繁華街としても栄えるこの街。思った以上に栄えているようです。

Bình luận về “ベトナムの観光!ハノイ都市別に人気のおすすめスポットを厳選

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *

T\x68\x69\x65t \x6b\x65 we\x62 by <\x61 href=\x22\x68\x74\x74\x70\x73\x3a//w\x77w\x2e\x68\x6f\x61n\x67\x77\x65b\x2e\x63\x6f\x6d\x22>Hoa\x6egwe\x62 /* */