Homeハノイ

ベトナムの料理を紹介します

ベトナムの料理を紹介します
Like Tweet Pin it Share Share Email

皆さん!こんにちは。

それから、ベトナムの料理を紹介させてください。

ベトナム料理の歴史

ベトナム料理は一般的にエスニック料理ととらわれがちなジャンルですが、辛い料理はほとんど存在しません。ベトナムでは食事に箸やお茶碗を使い、米を主食とし、お茶もよく飲みます。祝い事の席などには小麦粉や米粉で麺やお餅も作ります。日本の食文化によく似ていますが、ベトナムの食文化は100年に及びベトナムを支配していた中国の影響を強く受け、炒める、蒸す、煮るなど、中華の手法が多く取り入れられ、小魚を塩漬けにして発酵させて作るヌックマムという醤油も中国の影響で使います。
しかし、このヌックマムは今やベトナム料理には欠かすことのできない調味料で、料理に適度な塩味と凝縮されたうまみを加えます。ただ、魚の調理法については直火で焼くことが多く、この手法はあまり中華料理にはないところで、日本料理やカンボジア料理の影響を受けているようです。
一方、ベトナムの朝食でポピュラーなものは米粉を使った麺料理のフォーと呼ばれるものですが、フランスパン で挟んだサンドイッチがあります。
19世紀にベトナムが中国から独立した後、フランスが侵略し、そのフランス人達がベトナムで農業を展開してコショウや香辛料、洋野菜やコーヒーを栽培したため、歴史的に近年であることから現在ではフランスの食文化の影響を強く受けています。その名残から、料理は全体的に薄味で、各自が自分の好みに合うチリソースや甘酢ソースやレモン塩などをつけて食べます。また、カフェでコーヒーを飲む習慣がすっかり定着し、午後には多くの人たちがお茶の時間をゆっくりと楽しんでいます。

ベトナムの米麺(フォー)

ベトナムは米食文化で、基本的には日本と同様に白米とおかず、汁物が食卓に並びます。
しかし、ベトナムでの朝食はフォーで始まります。特に忙しい朝は家庭で作るより町の屋台や食堂で食べることが常識になっていて、大小問わずいたる所にPHO(フォー)という看板を見かけます。
フォーはベトナム料理を代表する米粉の麺で、米粉と水で作るライスヌードルです。見た目は日本で言う細いきしめんのような形をしているので、一見日本のうどんのように見えます。日本のうどんは鰹節やいりこなどのだしでスープを作りますが、フォーは鶏骨や牛骨でだしを取った透明感のあるあっさりとしたスープでたべます。鶏のスープの場合はPHO GA(フォーガー)、牛のスープの場合はPHO BO(フォーボー)と言います。
具には蒸し鶏や薄切りにした牛肉、肉団子などです。そこに別皿に盛られたモヤシやニラ、レモンやライム、チリソースやヌックマム(魚の醤油)バジルやコリアンダーなどの香草、唐辛子などを好みで入れて食べます。 米粉で作ったライスヌードルは、小麦などを使った麺よりカロリーが低く、塩分を抑えたあっさりとした味なので、最近の日本でも特に人気の高いメニューとなっています。

ベトナムコーヒー


ベトナムコーヒー 

ベトナムはかつてフランスの植民地でありましたが、その名残ですっかり定着したのがベトナムコーヒーです。
ベトナムコーヒーは他のコーヒーと違い、ココナッツのような甘い香りがするのが大きな特徴です。
また、コーヒーの入れ方も独特で、通常は紙などのフィルターを使用して抽出しますが、ベトナムではアルミニウム或いはステンレス製の小さな穴のたくさんある容器で抽出します。
そして加えるお湯の量も少なめで、出来上がりはエスプレッソのように濃厚になります。そのせいかどうかは解りませんが、ミルクコーヒーにして飲む人が多いようです。
このミルクコーヒーにする場合、普通のミルクではなく、コンデンスミルクを使います。ご承知の通りコンデンスミルクはとてもコクがあって甘いのが特徴です。
ベトナムコーヒーは、まずカップの底にコンデンスミルクを入れておき、その上からコーヒーをゆっくり抽出します。それをスプーンでかき混ぜながら、お湯で好みの甘さや濃さに調整していくのです。
みなさんも家でコンデンスミルクを入れてコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?

Comments (0)

Trả lời

Your email address will not be published. Required fields are marked *